HIROSHIMAピクニックパーティー

広島で楽しめるピクニックスポット、大人が楽しめるピクニックをご紹介!

スポンサードリンク

低予算でリッチ気分なピクニック!『GREENシャンパンPARTY』

f:id:miharhumba:20180307170504j:plain
中央公園にて、ピクニックを開催しました!

「GREENシャンパンPARTY」と題して、はらっぱの上で優雅にシャンパンを飲もう!というピクニック企画です。

メインイベントのコルク飛ばし

f:id:miharhumba:20180307180905j:plain

参加者には、ワイングラスを持ってきてもらい、はらっぱでコルク飛ばしをして楽しみます。

「コルクがほしいかー!」という掛け声のもと、ワイングラスを持った参加者たちがキャッチすべく身構えます。

飛ぶときには2メートルほどきれいな放物線を描いて飛んでいきます。

コルクがこんなに飛ぶなんてみなさん知らなかったのではないでしょうか。

しかしながらこのコルク飛ばし、意外とコルクが飛ばないんです。(笑)

飛ばす人が怖がってしまうorタイミングをつかみそこねると、コルクは親指の中で寂しくポンと頭を出して終了。

でも、この失敗も盛り上がる大きな要素になってきます。

コルクがいつ飛ぶのか、誰がキャッチできるのか、そんないい緊張感が和やかなムードを作ってくれます。

広いはらっぱだからこそできる大人の遊びです。(もちろん、まわりに人がいない場所を選んで行ってくださいね)

予算参考

f:id:miharhumba:20180307182811j:plain

飲み物はシャンパンだけでなく、ビールやソフトドリンクが中心でした。

シャンパンはコルク飛ばしのためのものなので、カンパイを終えて歓談を一通りしたあとにたしなむ流れです。

シャンパンといっても数千円~1万円するような物でなくてもいいのです。とにかく、コルク飛ばしができるものならOK

酒屋さんや激安の殿堂などでは500円台のものもあるので予算的な心配はありません。

10人前後で分けると750mlは一口ずつくらいしかないので、もうちょっとシャンパンを楽しみたいときには、数本用意しておくとコルク飛ばしもさらに盛り上がります。

今回は3本用意していましたが、初めて行う場合は失敗分も考えて5本はあってもいいと思います。

GREENしばりの持ち寄り制

f:id:miharhumba:20180307181052j:plain

今回のピクニックに「GREEN」という文字が入っているのは、芝生のGREENにかけているのですが、それにちなんで「緑色」しばりで持ち寄るルールをつくりました。

みんな、緑色のものを探してきてくれました。

意外と緑色もものってたくさんあるので、こういった色しばりで持ち寄りルールを決めてみるのも楽しいですよ。

おわりに

f:id:miharhumba:20180307180405j:plain

あまりに天気が良かったので、シャンパンの空瓶で野球がはじまりました。

こんなノリで楽しめるのが「GREENシャンパンPARTY」です。

ただのピクニックではなく、プラスアルファのアイデアを付け加えるだけでピクニックの楽しみ方は広がっていきます。

デスクワークで疲れているなら、休日は青空の下で仲間たちとワイワイのんびりしてストレスを発散してみるのはいかがでしょうか。

 

ピクニック企画・アイデアごご提案しています。

お仕事の相談、お問い合わせはこちらまでどうぞ。
メールフォーム

ピクニックに必須アイテム?!常備できるミニティッシュケース!

f:id:miharhumba:20180307155314j:plain

公園や広場のトイレにいって、「トイレットペーパーがない!」と焦った経験がある人も多いのではないでしょうか。  


そんなアウトドアなトイレのときに便利なのが、こちらのミニティッシュケースです! 

必要なのは、ポケットティッシュとティッシュの空箱だけ!

youtu.be

ポケットティッシュ×ティッシュケースというすでにあるものでできてしまうという画期的なアイデアですよね!私も早速作ってみました!

つくってみよう!

f:id:miharhumba:20180307113940j:plain

今回は、こちらの赤いお花のテッシュケースで作ってみようと思います!

今回は撮影用にするために、まだ中身のあるものを使いましたが、本来ならば空になったテッシュケースでオッケーです。

f:id:miharhumba:20180307114202j:plain

ポケットティッシュのサイズにあわせてカットしていきます。

これからお見せする完成図を見てもらえるとよくわかるのですが、切り取り線はちゃんと下書きしておくことをおすすめします。(笑)

f:id:miharhumba:20180307114404j:plain

切れました…(*´Д`)(細かい作業苦手な人)

f:id:miharhumba:20180307114508j:plain

お次は片方だけ底に2つの切れ目を入れていきます。

f:id:miharhumba:20180307114740j:plain

お好みのポケットティッシュをいれたら、箱を重ね合わせて完成です!

だいたいポケットティッシュ4つくらい入ると思います。

f:id:miharhumba:20180307114856j:plain

できたー!!!\(^o^)/

ちょっとサイズミスりました。(笑)切り取り線をしっかり下書きしておくことをおすすめします。(二回目)

f:id:miharhumba:20180307114950j:plain

ちょっと隙間あるけど~…ちっちゃいことは気にしない♪

気になる人は、マスキングテープという最強のアイテムを使いましょう。

f:id:miharhumba:20180307115057j:plain

じゃーん!

しかし、マスキングテープを貼ってしまうと、中のポケットティッシュがなくなったときにすぐに補充できません。

繰り返し使いたい人は、やっぱり切り取り線を…(略)

とはいえ、マスキングテープなので剥がせますから、繰り返し使おうと思えば可能です。

f:id:miharhumba:20180307115303j:plain

水気があるものと一緒にしても大丈夫なようにビニール袋に入れて、ピクニックバッグに忍ばせればカンペキ!

 

スポンサードリンク